TOP

渋谷に行くなら、ショッピングよりも風俗!そんな男達の体験談です。

尻フェチは風俗で解消します

僕はとにかくお尻が好きなのです。街を歩いているとパンティーラインが丸見えになった女性が歩いていると思わず行きたい方向と逆でもついて行っちゃうんです!もっぱら風俗でその欲求を満たし、風俗嬢を選ぶのも巨尻かどうかが一番のポイントになってきます。だからスリーサイズが記載されているかは凄く重要なのです!ヒップサイズの数字はバストを上回っていないといけませんからね。僕は嬢にまず尻フェチだということを伝えて、彼女が立った状態で尻を触りまくります!そしてスカートをめくりパンティーがどれだけ食い込んでいるかチェックします。ベッドで四つん這いになってもらいヒップに頬ずり!そしてパンティーを下ろして生ヒップに再び頬ずりして舐めまくります!もちろんアナルも凄く舐めますよ!既に僕のジュニアはビンビンになってますから、絶対入れないから安心してと念を押して尻のワレメやアナルを亀頭や裏スジを擦り付けるんです。大体これで嬢のヒップに射精してしまいます!

清楚系風俗嬢がパイパンだった

写真を見た限り、清楚な感じがしたJを指名したんですよ。黒髪でロング。なんだか男が「清楚系」でイメージする女の子そのものだったんですよ。だからかなり楽しみにしていましたし、実際とっても可愛らしい子でこの日のプレイはかなり燃えるだろうっていう確信があったんです!これだから風俗って最高だよなとか自分で思っていたんですけど、彼女が脱いだ姿を見て驚かされました。だって彼女、パイパンだったんですよ!清楚だと思っていた風俗嬢がパイパンだなんてギャップにも程があり過ぎですよ(笑)それにパイパンを生で初めて見たんですけど、剃ったパイパンじゃないから本当にツルツル!こんな可愛い子が自分の陰毛を手入れしているんだなって思ったらそれだけでドキドキしてきてしまって、自分自身かなり良いプレイを楽しめたんじゃないかなと。その意味では風俗って妄想も結構大切になってくるものなんじゃないかなって事に改めて気付かされたような気がします。